Work Value

PRディレクター
東郷章人

芸能マネージャーからの転身。
クリエイティブPR領域での活躍を目指して

元々芸能事務所でタレントのマネージャーと宣伝プロモーターを行なっていたのですが、当時話題になり始めていたPR業界への可能性を感じ、この業界に足を踏み入れました。1社目に入った総合PR会社では、メディアプロモート、アカウント業務、PRディレクションとひと通りのPR業務に携わりましたが、同じPR会社の中にも、得意領域や可能性の見い出し方が異なることを知りました。その会社は、強力なメディアリレーションとPRの実施が強みでしたが、それだけでは課題を解決できないケースも多いことを感じるようになりました。そんな時に、神谷製作所が掲げる「クリエイティブPR」という考え方に触れる機会があり、新たにチャレンジしたい気持ちで入社しました。

現在は、PRチームのマネージャーとして、チームに所属するメンバーがそれぞれの得意分野で力を発揮できる組織づくりを行いつつ、プランニングやディレクションなども並行して行っています。

それぞれの個性を活かして
課題解決を目指す

神谷製作所に入社して驚いたのは、「本当にここは会社なんだろうか?」と感じてしまうほどアットホームでファミリー感溢れる社風です。今でこそ納得できますが、チームワークを大切に考えている会社の考えがしっかりと社内に浸透しているんだと思います。

このチームワークは日々の業務でも実感する場面が多々あります。神谷製作所にはさまざまな価値観やバックグラウンドを持つ社員がいますが、ぶつかり合うのではなく、互いの視点や知識を尊重し、刺激し合うことで創造的なアイデア創出につなげています。それから、代表の人間性もあってか、思いやりある人たちが集まっているように感じます。

 
 

失敗は、挑戦と学び。
成長を後押ししてくれる会社

あるPR動画制作の企画を担当した時に、実際の進行フェーズに入ってから大きく内容が変更になってしまい、私自身のスキル不足もあり、期限に追われてクリティカルな打開策を生み出せないまま進んでしまったことがありました。動画の企画立案、構成立案など初めての経験が多かったことも重なり、周囲にも迷惑をかけて情けない気持ちでいっぱいでした。そんな中、神谷製作所は「失敗 = 挑戦と学び」という考え方のもと、優しくフォローしてもらい、救われた記憶があります。

Profile
東郷章人
神奈川県川崎市生まれ。幼少から他人の為に何かをしてあげたい気持ちを抱き、芸能マネージャーから業界キャリアをスタート。PRの可能性・重要性を感じ、PR業界へ転身。総合系PR会社にて、自動車・ゲーム・ファッションなどのクライアントを担当し、メディアインサイト起点での立案、文脈構築に注力し、PR業務全般に従事。 PR視点の統合コミュニケーションのプランニングスキルを身につけて課題解決したいという想いをもって、2018年7月より神谷製作所に加入。
pagetop

Copyright © Kamiya Corporation Co., Ltd. All Rights Reserved.